サークルK・サンクス、ファミリーマートにブランド1本化 店舗数でセブンイレブンを抜く!?

familymart.jpg
来年2016年9月に経営統合で大筋合意しているファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスがコンビニ事業のブランドを「ファミリーマート」に1本化するようです。
これにより「サークルK」と「サンクス」の看板がファミリーマートに切り替わり消滅します。



僕は愛知県出身でコンビニと言えば「サークルK」だったので、看板が消えてしまうのはちょっと寂しいですが、中身が便利になればそれに越したことはないですね

さて、これでこれまで圧倒的な店舗数を誇っていたセブンイレブンに対して、ファミリーマートが一気追い上げてくる形になります。
日本のコンビニ勢力図はどのような構図になるのでしょうか?

※2015年3月現在

【セブンイレブン】
17,569店舗

【ローソン】
12,164店舗

【ファミリーマート】
11,352店舗

【サークルK】
3,563店舗

【サンクス】
2,763店舗

となっています。
今回の統合でファミリーマートの店舗数は17,678店舗となり、かろうじてセブンイレブンを抜き1位になる計算になります

でも、恐らく看板が変わることで同じ商圏内にファミリーマートが複数店存在する地域も出てくるでしょうから、単純に純増ではなく閉店する店舗などを加味すると1位ではないかもしれません。

ブランド1本化によるメリットはなんでしょうか?
・仕入れ値の削減
・物流費の削減
・PB開発のコスト削減
・ブランドイメージの向上
・広告宣伝の効率化
などなど色々ありますね。


【スポンサードリンク】




僕の会社のそばにもセブンイレブンとファミリーマート、どちらもあるのですが、僕は残念ながらセブンイレブンに行ってしまいます。
理由は、
・セブンイレブンの弁当の種類の方が豊富で美味しい
・セブンイレブンの銀行窓口の方が便利
だからです。

店舗数が増え、色んなコストが削減できて経営が上向く分、セブンイレブンを超えるサービスの充実を望むところです。

そういえば、業界第1位のセブンイレブンでも店舗が存在しない県があるのをご存知ですか?
セブンイレブンがない県、
・青森県
・鳥取県
・沖縄県
の3県です。沖縄にないのは意外でした。ちなみに沖縄で一番多いのはファミリーマートで251店舗、次がローソンで175店舗です。
沖縄は観光客の流入がどんどん増えてきているから、コンビニ利用客は増えると思うんですけどね。

日本の高齢化社会に対応して、これからもコンビニは増えていくことでしょう。そして今回のように経営統合されて行く中で、コンビニもいずれ商品売価の安値競争の時代がやってくると思います。そうなると高齢者にもっと利用しやすい本当のコンビニエンスストアになるのかもしれないですね