横浜の傾きマンション 「パークシティ LaLa横浜」どうなる?

Parkcity lala横浜.jpeg
三井不動産レジデンシャルが建設した神奈川県横浜市都筑区の大型マンション「パークシティ LaLa横浜」の基礎工事が不十分で傾いていることが発覚しました。


マンションの場所はこちら。ららぽーと横浜のすぐ隣という立地としてはとてもいい環境のようです。

さて、傾いた原因は下請けした旭化成の子会社「旭化成建材」が杭の打ち込みが甘く、硬い地盤にまで杭が届いていなかったためです。また工事データも改ざんがされていました。
旭化成建材はこれまで同様に請け負った杭打ち込み工事3,000件についても調べ直すと言っているので、同様のマンションがまた出てくるかもしれないですね

おかげで旭化成の株価はマンション以上の傾きを見せ、前日比-13.6%で、10月15日の値下がりランキングトップとなりました。


【スポンサードリンク】




10月15日夜には三井不動産レジデンシャルから住民への説明会が開かれ、謝罪と全棟建て替えることを基本として協議したいという説明がされたそうです。傾いたのは4棟のうち1棟なのですが、住民からマンションの資産価値が下がったという声を受け、全棟を対象としたようです。
ですが、住民からは「全棟建て替えなんて物理的に無理なのでは」という声や修繕で住み続けることを希望する声もあるようです。
全棟建て替えには約3年かかるそうです
建て替えにかかる費用、住民の仮住まいにかかる費用まで全て補償するらしいですが、一体いくらかかるのでしょう?三井不動産レジデンシャルは当然旭化成建材にも賠償請求をするそうです。

マンションの住民たちが色んな意見を交わす、「マンションコミュニティ」というサイトがあります。ここに「パークシティ LaLa横浜」のサイトもあり、今回の事件のことについて日々住民からの書き込みがあります。
「全額返金してほしい」
「早く売りたいが一体いくらになってしまうのか」
「見物人が増えそう」
「全額補償なら不幸中の幸い」
など書き込まれています。


歩いて数分でららぽーと横浜に行けてしまう場所なので、ららぽーと横浜に来た人達からもよく見えるでしょう。きっと「あそこが傾きマンションだよ」と指をさされるでしょう。
住民の心境を考えるとやりきれないですね・・・

僕は今は一戸建てに住んでいますが、その前は横浜市港北区の分譲マンションに住んでいました。今回のマンションと同じ時期に建ったマンションでした。幸いに買った金額とほぼ同額で売れましたが、ここは住民が言うように確実に資産価値は下がってしまうでしょうね。
また戸数が705戸だそうで、これくらい大型なマンションではどのように対応してもらうかの意見がまとまらないと思います。
僕が住んでいたマンションは1棟のみで50戸規模のマンションでした。当初マンションを買うにあたり、敷地が広く施設も充実している面から僕も大型マンションに憧れて探していました。
ですが、大型マンションは住んでいる人の数が多いので、決め事をする際になかなか意見がまとまらないというデメリットがあるのを知りました。
例えば託児所施設があったとします。マンションができた当初は住民も若く、小さな子どもがいる世帯が多いので託児所は重宝されます。ですが、10年、20年経つと当然子供の数は減ります。中古でこのマンションを買うなど、新たに若い世帯が入ってきたとして、20年経った託児所をリニューアルしてほしいと思っても、若い世帯事態が少ないので意見はまず通らないということが起きやすくなります。
逆に「託児所なんてもう使っている人が少ないから、老人用の施設に作り変えよう」なんて意見が出てきかねません。

このように1箇所に多くの人がいるとその分意見がまとまらないということを知り、僕は大型マンションにするのをやめました。
今回の事件とは関係ないですが・・・。